絵と将棋と小説と

なにもなせないゆとりーまんのインドア生活記

立体感を出す

デッサンの基本をさっと模写している。

早いもので立体感を出すまでいった。まず一周してみる作戦だ。

f:id:hekotarou:20141129215746j:plain

1番は丸に明暗をつけている絵だった。影もついていたので真似して付けた。

自分自身でも解説しないと何がしたかったのか、さっぱり何もわからない・・・

2番はリンゴ。「面にそってタッチをいれる」という副題のようなものがついていた。だが意味が分からない…面にそうってなんだろう?かたちっぽく線を引けばいいのかな。

3番は卵。「おおまかな明暗から細部へ」らしい。自分でもよくわからん。

 

1,3番はいいところがないと思う。

2番は割とよくできていると自分では思う。面にそっているのかわからないし、明暗もない。しかしヘタの付け根の部分が立体的に見える、気がする。

 

・明暗がくっきりわかれて見える塗り方しかできない。グラデーションっぽく段階的にできないか

・影と物体の境界線がうまくひけない

・線の引き方で立体感は出せた。卵のように明暗で立体感を出せない。

 

美術の時間って製作期間僕だけ1時間で終了とか、そんなばっかだった記憶がある。

一生懸命やっても手抜いても同じようなものが出来上がるからだ。1番見てると今でも一生懸命やる意味を感じなくなる。なにかしらを完成させるという意味では。

広告を非表示にする